design border

キーワードの共有で説明した内容は、このページで重複して説明しませんから、共有から読み進んでください。

キーワードの独占

キーワードの独占というのは、あなた自身や、あなたの所属するグループで、グループ内の人からの、キーワードで、リストする方法です。

例えば、あなたは、jazzが大好きな人たちで、アマチュアバンド「Bubble Note」を結成しているとします。 自分のホームページなどに、Bubble Noteメンバーによる「Bubble Note eye」なるものを掲載したいと考えました。 それぞれのメンバーたちのバンド活動と、日常を、ブログとトラックバックによって結んで、「Bubble Note」を、表現したいと考えたとします。

キーワードの共有の場合は、キーワードが一致すれば、全ての人の情報がリストアップされてしまいます。コレだと、「Bubble Note eye」が、誰でも投稿できる掲示板のようなものになってしまうと困ります。

どうやってメンバーを識別したり、情報をフィルタしたらいいでしょう。

共有のパスワードのようなものを考えて、そのパスワードが一致するものだけをリストすれば、メンバーだけのトラックバックによる「Bubble Note eye」が表示できそうです。

共有の時には記入しなかった。必要ならメールアドレスを利用します。

それでは、キーワード共有の時に使った。キーワード定禅寺ジャズフェスティバル2006で、共有キーワードを表示しないで、メンバーだけのトラックバックを表示できるかどうかを試してみましょう。

JavaScriptの作成
キーワードを入力:
必要ならメールアドレス(または任意の値でもいいです):
出力文字コード:

メールアドレスは、いろいろなところで、無料で配布しているので、簡単に作る事が出来ると思います。メールアドレスは、ほかに同じアドレスを使っている人は世の中にいません。つまり唯一の値として利用することが出来ます。

仲間同士で、送信用のフィルタ用メールアドレスをだれかれに知らせず。トラックバックすることで、リストに、Bubble Noteの情報を蓄えられそうです。

それでは、実際にトラックバックを、テスト用ブログから、送信してみましょう。

トラックバックURLは、http://www.odekake.biz/trackback/?i=定禅寺ジャズフェスティバル2006&u=sample@odekake.biz

このURLでトラックバックを行ってみます。

トラックバック受信用スクリプト

<script type="text/javascript" src="http://www.odekake.biz/trackback/?i=%C4%EA%C1%B5%BB%FB%A5%B8%A5
%E3%A5%BA%A5%D5%A5%A7%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%D0%A5%EB2006&
u=ddade55d90e9eda774c9ce1c04a59cba7af05d9f&e=e">
</script>

トラックバック送信用トラックバックURL

http://www.odekake.biz/trackback/?i=%C4%EA%C1%B5%BB%FB%A5%B8%A5
%E3%A5%BA%A5%D5%A5%A7%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%D0%A5%EB2006&
u=ddade55d90e9eda774c9ce1c04a59cba7af05d9f

キーワード共有で作ったデザインをちょっと変更して、「Bubble Note eye」を表示して見ましょう。

design bubblenonte

会員制などにすれば、もう少し厳密な作業に出来ますが、誰でも自由にという前提だと、送信用のフィル多様メールアドレスはご自身で管理していただくほかありません。

なぜ送信用トラックバックURLを伏せていただくかということには、理由があります。

そのためには、フィルタの原理を説明しなければなりません。
トラックバックURLでキーワードを送信する時には、メールアドレスを記述した場合。メールアドレスは、自動的に暗号化され、データベースに保存されます。
情報を取り出す場合には、暗号化された文字列を送信しないと、リストは表示されません。コレでトラックバック受信用のコードを分析されても、元のメールアドレスが解読できないようにしてあります。

情報の送信時には、メールアドレスを、受信時には、暗号化された文字列が必要になります。コレによってフィルタが行われるので、肝心のメールアドレスが、簡単に推定できたり(Blogの連絡先メールアドレスだったりすると、)いたずらされる原因になります。ので注意して欲しいということです。 メールアドレスは、私たちの身近にある。他人と同じ値がないユニークな値として例示させていただいています。もしあなたが、コレでも大丈夫だという値がありましたら、それを使ってもらってかまいません。

念のため申し上げますが、コレはあくまで情報をフィルタするということで、情報を秘密にするものではありません。トラックバックいただいた情報は、全て公開可能な情報として扱われますので誤解の内容にお願いします。

入力されたメールアドレスは、データベースには、保存されません。データベースに保存されるのは、暗号化されたデータです。従って、入力いただいたメールアドレス宛に、当サイトからメールを送信する事はありません。

next:分類